はるべ便り 棒鱈 正月料理 no.2017/1

  • 2017.01.10 Tuesday
  • 10:43
はるべ harube 棒鱈


< 棒鱈 正月料理>

 棒鱈は、江戸時代前から、東北・北海道の保存食として製造されてきました。
京都では、北前船で運ばれ、正月料理に海老芋と煮て重宝されてきました。
おせちには、“たらふく(鱈福)食べれるように”と願いをこめて容れられています。

 京都円山公園には、創業300年の“いも坊”があります。
京野菜の海老芋と、北海道産の棒鱈を炊き合わせ、海老芋の灰汁が、棒鱈を
柔らかくし、棒鱈の溶けだした成分が、芋の煮崩れをふせぎお互いの相乗効果
を出し合っています。川端康成や吉川英治・松本清張らにも愛されたお店です。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

はるべのホームページ ↓

   ロゴをクリック harube?logo.jpg

はるべの楽天市場 ↓

   ロゴをクリック rakuten_logo_w160_h160.gif

はるべの地図です ↓

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM